竜之介  -オレは天才だ!-

竜之介を見送り、その後保護猫を引き取りました。

寂しいけど…大丈夫です。 

 


皆さま、本当にたくさんの励ましのコメントを頂き、
ありがとうございました!


これまでこんなにもコメントを頂いたことがないので、
とても心強かったです。
一つ一つ、何度も読み返しては心を落ち着かせています。
感謝しています。
本当にありがとうございました。








未公開の竜之介の写真を張っていきます。
よければさらに若い頃のは
こちら
を見ていただけたらとお思います(^^)







とても寂しいけれど・・、だいぶ気持ちは落ち着いてきました。

竜之介は最期の数日間、自力で動くことができなかったため、
テレビや音のでるものを一切消して、
竜之介の動きにすぐ対応できるようにしていました。

今、こんなにも家が静かだったろうか?
と感じています。






寝不足の日々が続きましたが、
夜が終わると、なんとなく安堵したものです。





嘔吐が続いていた時は抱きしめることも、撫でることも
我慢していたのだけど、

嘔吐をしなくなった最期の数日間、
竜之介を抱っこしてベランダを散歩しました。

私の袖は竜之介のヨダレまみれになったけど、
胸に竜之介を抱えることができて幸せでした。





私がまだ中学生だったとき。
初めて飼った猫に引っかかれた傷跡が
今でも腕に残っているのですが、


これまでにたっくさん引っかかれているのに、
何故か最初の傷跡だけがのこっているのが
不思議でした。





竜之介はちょちゅう私の足首に絡んできたので
生傷が絶えないでいたのが、

今では薄っすらと消えかかっています。
でも2,3か所はこれからも残りそうっ。(^^;)






私の結婚直後、旦那さんの仕事の都合で道外へ。
半年ほど竜之介を実家に預けていた時期がありました。


猫だし、私のこと忘れているかもしれないな・・・
と思っていました。


半年ぶりに実家に帰った時、
意外にも犬が私のことを忘れていた・・Σ(T□T)!!



実家のクロちゃん。おばぁちゃんになっても元気だった。



私を見ても他人を見る時の目をしていた犬のクロ・・。
でも名前を呼ぶと、目がパッと明るくなり思い出してくれた(^^;)

犬でこの反応なら、猫ならシャーの一つも覚悟しなきゃ・・

と竜之介の前に姿を出すと、


竜之介は私を見るなり、目の前でごろーんっ!

あれは本当にうれしかった。








私たちは転勤のある身なので、
いつかは九州を去ります。

竜之介を一人ぼっちに残すのは忍びないので、
遺骨は札幌の実家の庭に埋めてもらおう考えています。

昨年、犬のクロちゃんが17歳で亡くなったのだけど、
その隣にでも埋めてもらい、
その上にお花を植えてもらうかと。


みなさんはどうなさっているのでしょう?






竜之介とは16年分の想い出があります。

顔がそっくりの姉と私を間違って焦っていたこと(^^;)

私がまだ独身で、
毎朝仕事にでるとき、屋根から見送ってくれたこと(*´∀`*)


仕事から帰ってくると、
部屋にトンボやらバッタやらの死骸がころがっていたこと(;;゜д゜)


竜之介は怪我も病気もしない、本当に元気な猫でした。







幸いにも、最期を看取ることができました。

眠るように、とはいかないけれど、
それでも静かな最期でした。

最後まで面倒をみることができて、
本当によかったと、今は思えます。


今頃、また虫を追っかけているかな。。







たくさんの思い出を、ありがとね、竜之介くん。
ゆっくり休んでね。


  
ブログランキングに参加中

スポンサーサイト

category: ネコ 【竜之介】

△top

コメント

 

Unknown

marieさん
ブログにご訪問ありがとうございました。
うれしいけれど。気を遣わなくていいからね。
読み逃げ歓迎ですよ。

うちは、まだばろんのお骨置いてます。
ひとり暮らしなので、自分が死んだとき、
一緒に南の海に散骨してもらいたいな。

ちゃりまる #79D/WHSg | URL | 2013/02/07 22:02 | edit

Unknown

竜之介くん、よく頑張ったね。
marieさん、お疲れ様でした。
ちょっと寂しくなるけど、見えないだけで、そばに居てくれてると、私は思っています。
ウチは先代のぴーが亡くなって5年以上経ちます。
18年近く一緒に居たので、それはそれは後悔と寂しさとで辛かったです。
もう猫なんて飼わないっと思っていましたが、運良くか悪くか、ハチが迷ってきて子供を5匹も産んで、6ニャンの大所帯になっています(笑)
marieさんもそんな風に元気になってくれたらいいな。

ぴ #79D/WHSg | URL | 2013/02/07 12:27 | edit

Unknown

こんばんは、少し落ち着いて来られたようで良かったです。
16年間は長いですよね・・・我が家の先代猫も16年間
側にいてくれました。
たくさんの思い出がありますよね。
お空に引越ししてから3年経ちますがふっとまだそこに
いるように感じたりします。
きっといるんだろうって思ってます^^
何年経とうと愛しい我が子がいないのは寂しいものです。
でもそれでいいと思います。だって愛しくて愛しくて
しょうがないんですから^^
先代猫の遺骨は49日に庭に埋めました。
引越しする事もないだろうし・・・。
でも今はちょっぴり後悔しているのです^^;
遺骨はそのままで私が亡くなったら一緒に
入れてもらえばよかったなって^^;
色々な考えがあると思いますがmarieさんの
思うようにしたらいいと思いますよ^^

長々とすみません^^;
また寄らせてもらいますね。

鈴蘭 #79D/WHSg | URL | 2013/02/07 00:14 | edit

Unknown

↓ 前の記事で初めてコメントさせて頂いて
ちゃんとご挨拶しないままですみません。

「だぢんち」さんから飛んできて
いつも読み逃げさせて頂いてましたm(_ _)m
「はは」さんの記事で竜之介くんの様子を知り
何とお言葉をかけていいか分からないままでいました。
初めてのコメントがお悔やみになってしまいましたが…

思い出の写真を共有させてくださってありがとうございます。
半年も会わなかったのに覚えてくれていた竜之介くんですから
きっとまた忘れずにmarieさんに会いに来るんじゃないかな~
と勝手に思ったりしました^^

こちらのブログにもコメントをして下さってありがとうございました。
また気晴らしにのぞきに来て下さいね。

kameko #79D/WHSg | URL | 2013/02/06 22:12 | edit

Unknown

marieさん、少しずつ気持ちが落ち着いてきてよかったです
16年もの竜くんとの思い出は宝物ですね
竜くんも空からmarieさんとの素敵な思い出を噛みしめてるかも~
私が実家で飼っていたネコは、実家近くのお寺(ペット用が併設されている)に眠っています
竜之介くんも、実家のクロちゃんと一緒なら安心かもしれませんね
ブログへのコメントありがとうございました

くろねこ419 #79D/WHSg | URL | 2013/02/06 21:21 | edit

Unknown

仔猫の竜之介くん、こんな小さな頃から一緒だったんですね。
ウチはミルキーが5歳の時に前の飼い主さんからもらったので、
小さい頃を知りません
それでもこんなに愛しくて、なくてはならない存在なのに、
こんな小さい頃から、しかも16年もの間一緒に過ごされた
竜之介くんとmarieさんのことを思うと、たくさんの楽しい思い出話も、
笑い泣きしながら読んじゃいました。。。

やっぱり元気な竜之介くんの姿はいいですね
またそんな姿が見れるの、楽しみにしてます

ちなみにですが、ミルキーは前の飼い主さんと5年ぶりに再会した時、
めっちゃダッシュで逃げて、二度と近寄りませんでしたよ

ミルキーとらじろう飼い主 #79D/WHSg | URL | 2013/02/06 19:44 | edit

Unknown

小さいころのリンクも拝見しました。
なんか目に水が溜まってよく見えなかったけど
何の心配もなくのんびりしてたのはよく見えました^^
16年。やっぱ長いですね。
色々な思い出に竜之介くんがくっついてて…
ちゃんと竜之介くんの刻んでくれた傷も残りそうってことだし
これはアピールですね!ここにいるぞー!って。
ふふ。ちょっと嬉しい。
でも帰ってきて家の中に虫の死骸は・・怖いよぅ(||゚ω゚||)
お礼だって言いますよね。獲物を見せにくるのは♪
それにちゃんとmarieさんたちを覚えてたの、賢いな~
わんこのが忘れてたには笑いました(笑)
泣いたり笑ったりしんみりしたり忙しいです(笑)

竜之介くんの遺骨、納得がいくまで抱いてていいんじゃないでしょうか。
ひとりぼっちになるようなとこには置いておけないですもん。
ゆっくり考えていいと思いますよ。

そら #79D/WHSg | URL | 2013/02/06 19:00 | edit

Unknown

泣きながらもクスッと笑える思い出まで
たくさん残してくれて感謝だね。

私もね~先代猫達と犬の遺骨は北海道の
実家の庭の木の下に埋めてあるんだよ。
こっちに来て亡くした子も連れて帰って
一緒に埋めてあげようと思ったんだけど
まだ我が家に遺骨はそのまま・・・
うちもまた転勤があっても大阪本社なんで
もうたぶん北海道には帰る事がないと思うし
旦那の定年まであと数年だし、永住の地が決まるまで
遺骨はそばに置いておこうかな~って思ってる。
まだ2にゃんいるし、私に何も無かったらこの子達も
いずれ見送る事になるだろうから・・・
marieさんはまだ若そうだから、これからまだまだ
転勤もあるだろうし、気持ちが落ち着いたら
北海道に連れて帰るのがいいかもね。
竜之介君は道産子だし、実家ならいつでも帰って
手を合わせられるし御両親もそばで見ててくれるから
安心でしょ!

道産子mama #79D/WHSg | URL | 2013/02/06 18:02 | edit

Unknown

marieさん、竜之介君の想い出を分けてくださってありがとうございます。

想い出を共有することで、竜之介君の想い出がさらにふくらみ、素敵なものになるといいな、と思います。
最近の竜之介君しか知らない私でも涙があふれてしまうのだから、きっとmarieさんも・・・。
我慢しないでね。

よかったら、また竜之介君のこと、教えてくださいね。

はちゃ #79D/WHSg | URL | 2013/02/06 14:43 | edit

Unknown

竜之介クンの小さい頃の写真を今見たら
きっと泣いてしまうので、後で見ることにしよう。うんうん。

marieさん、あんまり無理しないでね。

だだの遺骨はね、まだリビングのお仏壇にあるの。
どうしても庭に埋める事ができなくてね。。。
季節ごとに包む布を変えたり・・・
毎朝毎晩、手をあわせて、骨壺に手をあてて・・・
そんな感じだよ。
寂しくなった時は、寝室にもって行って・・・
(↑そこまでするか!)
私の知ってる方は、10年遺骨を側においていて、
やっと納骨堂に持って行ったと聞いたよ。

ゆっくり考えてみてね。。。

北海道に帰って来る事があったら、是非 連絡ちょうだいね。
だだと竜之介クンの思い出話をたくさんしようね。

はは #79D/WHSg | URL | 2013/02/06 13:10 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://marie853.blog.fc2.com/tb.php/803-92a11cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top