竜之介  -オレは天才だ!-

竜之介を見送り、その後保護猫を引き取りました。

生存本能 

 


「りゅうぅぅ〜〜〜」

と呼びかけると・・



「あぁ〜・・?」

面倒くさそうに振り向いた。



「りゅう、一緒に遊ぼうかっ」



「ふぅぁぁぁぁ〜〜・・」


ん〜・・いつにもまして、つれないねぇ、竜之介クン




「しょーがねーなー・・・」


ごろ〜んっ




でもすぐに関心ごとは別にのことに。

竜之介と同じ縄張りに住む私に、
必要以上に絡んでくることはないわけで・・・。


ただし!!


食事の時間を除いては、ではあるけど。




可能な限り、決まった量と時間に食事を与えているわけで、


「メシ・・・・」


「メシが・・・・・・」


生存本能の命じるがまま、メシくれアピールをする。


「オレのメシ、忘れてね?」

あと30分したらね

 
ブログランキングに参加中

スポンサーサイト

category: ネコ 【竜之介】

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://marie853.blog.fc2.com/tb.php/74-a7641a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top